力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り

子供が幼稚園の時に、ハロウィンの日にお菓子などのくじ引きを兼ねて衣装や髪飾りも用意したときの思い出です。

力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り

ハロウィンの衣装と飾り

力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り
幼い子供には、楽しいイベントを行いつつ四季を感じてほしいと思っています。
春にはお花見ピクニック、夏はプールや花火、そして秋にはハロウィン、冬はクリスマス、大きなイベントだけでもこれだけあります。
ハロウィンなんていうのは、もともとは外国で行われていた行事ごとですよね。各々に仮装をして、子供たちは、お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞと言いながら近所のお家を巡るんですよね。近年では、秋葉原では普段からアニメのキャラクターの格好をされている方がいらっしゃいますが、ハロウィンの日は、いつも以上に色んな仮装をした大人たちがウロウロしていましたね。またハロウィン割引のような、仮装をしている方サービスを行っている店もあるようです。
日本の文化として取り入れられつつあるようですね。

うちの子供たちが、まだ幼稚園の時には当時仲良しだったママさんとその子供たちでハロウィンパーティーをしました。
といっても、お菓子や日用品などを適当に買い出しをしてラッピング。それを紐にくくって、子供たちはどれが当たるかお楽しみといった簡単なものでしたけどね。私とママさんで買い出しにいったのですが、たまたま100円ショップで衣装を見つけました。
チョコレート柄のマントと飾りを購入しました。
最近の100円ショップでは、窓に貼り付ける飾りや天井から吊るようなタイプのもの、そして提灯型なんていうのもあり、ちょっと部屋に飾るには便利なグッズです。
普段、衝動買いをしない私ですが、100円の品々で子供が喜ぶならと、ついついあれこれ買ってしまうこともありました。
結局、その時だけで終わってしまうんですけどね。

ハロウィンパーティーは大いに盛り上がりました。
クリスマスには、飾りはしなかったものの、たくさんのお友達とプレゼント交換をしました。
子供にとっては、行事ごとは楽しいものだということ、そして心に残る思い出が出来るということ、親の私たちにとっても、その年々のあどけなさが残る笑顔を写真に納めることができたので、良い記念になりました。

Copyright 2016 力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り All Rights Reserved.