力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り

海外にいた頃、10月といえばハロウィンが最大のイベントでした。衣装にお金をかけ、楽しかった思い出があります。

力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り

ハロウィンの衣装についての思い出

力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り
私は数年間アメリカに滞在していました。
その間、9月も終わりに近づいてくると、もう街はだんだんと黒とオレンジ一色になります。
これは木の葉が色づいてオレンジいろになる、というのではなく、街全体がハロウィンのお祝いを楽しむために黒とオレンジ色で飾り立てられるためです。
10月にもなると、さらにどんどん飾りつけが増します。
自宅の庭を墓地のように飾り立てるご家庭もあれば、気持ちの悪いかざりつけをしたり、大きなクモや、クモの巣を飾るご家庭もあります。
それぞれのご家庭が思い思いに好きなデコレーションを楽しみ、道路を通る人々もそれを楽しむわけです。
まして、ハロウィンの当日の変装の衣装ときたら、毎年かなり皆さんが頭を悩ませ、趣向を凝らすもののひとつです。

10月になると、ハロウィンの変装のために、特別にハロウィンショップなるお店も登場します。
期間限定でオープンして、ありとあらゆる年代のかた向けの衣ハロウィン用の衣装を売っているのです。
こういうお祭り騒ぎがすきなところは、アメリカだなぁ、と良く感じていました。
ハロウィンの当日になると、会社などでも、子供の「トリックオアトリート」に同伴するから、という理由ではや引きする社員がいたり、若者の場合はその夜のハロウィンパーティのメイクアップのために、「今日は早退します」なんていう人もいました。
こんなに人々があつく燃えられる行事は面白いです。
日本にいた時は、てっきりアメリカのハロウィンは子供達のお祭り、と思っていましたが実際には大人も十分楽しむ10月の行事でした。

Copyright 2017 力の入りようがスゴイ!ハロウィンの衣装と飾り All Rights Reserved.